タオルの製造と生産地

各家庭に必ず常備してある生活必需品のタオルは、サイズや用途により様々な種類があり本来の用途としては汗を拭き取ったり、水分を拭き取るなどその吸水性を活かして便利に使われています。

しかし近年では吸水性は勿論の事その肌触りの良さや洗濯のしやすさなどの特徴からベビー用スタイやタオルマフラーまたはタオルネクタイなど多種多様商品がな存在しています。



タオルは内祝いや引き出物などの贈り物の定番でもありますが、企業などが販促用や自社の宣伝広告を目的に社名やロゴをデザインしたオリジナルの物を制作する様になってきました。

この制作には数量や予算に応じて材質や印刷方法などが選べて業者によっては最小ロット数や最短納品日も要相談出来ますし、ロゴなどのデザインも見本や過去の商品を参考に思い通りのデザインに仕上がります。

毎日新聞の情報も多数ご用意しました。

タオルは多くの国で製造販売されていますが、日本の製品は織機技術の高さが優れている為に世界の中でも特に優れた製品と言えます。

また世界最大の産地として有名なのが四国の愛媛県今治市でそこには製造業者が175社加盟する組合があり、同組合に加盟する事業者の工業出荷額は約630億円になりますが、現在では安価な中国製品が主流になっています。

品質的には日本製品は非常に優れていて洗濯しても繰り返し長期間使えるなどから最終的にコストパフォーマンスにも優れているので、高価でも高品質な製品の生産へと方向転換しつつあります。